糖質制限で食べてはいけない意外なもの

糖質制限中は1食何gまでの糖質は良いのか

糖質制限とはそもそも、血糖値の上昇を抑えることで
インスリンの分泌を減らし、脂肪を現象させていくという理論ですので
1日に摂取して良い糖質というのは実は人によって異なります。

糖尿病の方などではそうでない人と比較して、同じ量の糖質を摂取したとしても
血糖値の上昇が急激なものになるのです。

糖尿病のための糖質制限としては1日1回の食事の糖質量が10~20g以下が目安とされてます。
この基準内であれば、まず急激な血糖値の上昇は生じないとされていて

糖質制限の効果が期待できるからです。

糖質制限中に食べてはいけないもの

あたりまえですが、ごはん、麺、イモなどと言った炭水化物は糖質が非常に高いですから
食べてはいけません。

意外に糖質が多いものは野菜ですとかぼちゃなどの根菜類。

更には餃子の皮など一見すると糖質がなさそうなものであっても意外に糖質の高い食材
がありますので注意が必要です。

Rizapのプロテインと糖質制限

糖質制限をするだけで痩せていくという糖質制限ダイエット。
面倒なカロリー計算などをせずに、効果が出るのが早いという事で注目を集めております。


diet

今話題のライザップや少し前に糖質制限が芸能人の間で流行った際の
トータルワークアウトなども、筋トレをしながら糖質制限をするというものでした。

糖質制限で結果を残す上でのコツはたんぱく質をきちんと摂取する事です。

通常では、糖質をエネルギーとするところ、
糖質がないと糖新生がおきて、肝臓が、たんぱく質や脂肪を分解して糖質の代わりのエネルギーを作りだします。
したがってしっかりとたんぱく質を摂取していないと大切な筋肉の減少が多くなってしまうのです。

おすすめのたんぱく質摂取はプロテインですね。
なぜならばお手軽かつコストも安くたんぱく質の効率的な摂取にはもってこいの食材だからです!

色々なプロテインがありますが
今流行のライザップのプロテインは下記リンクよりご確認頂けます。



button_kenkoutown


コツはしっかり糖質以外を食べる!です。

低糖質食品で簡単にダイエットが出来る理由

最近流行しています、糖質制限や低糖質ダイエットはなぜ

簡単かつ効果的な結果を得られるのでしょうか。

1 糖質を摂取すると、血糖値が上がります

2 上がりすぎた血糖値を低くするために、インスリンが分泌されて血糖を中性脂肪に
 変えて脂肪細胞に取り込みます。

3更にインスリンが分泌されている間はすでにある脂肪の分解を抑制する効果があります。

この様に、効率良く体に脂肪を貯蔵する仕組みを起こすのが糖質なんです。

ですので、糖質を制限することで、血糖値を一定に保ち、脂肪を蓄えない体つくりが出来るという
事なんですね!

糖質制限においては、低糖質な食品を摂取します。

基本的に摂取カロリーはあまり気に掛ける必要はないとする方法が多い様ですが、

そこは自分がどこを目指すか、はたまたいつまでに達成をするのか
によって脂質やカロリーをコントロールする必要があるかないか判断されると良いかと思います。